タンクバック リサイクル

今まで使っていたタンクバックはA4サイズで5~11リッター可変式 高さが12cm~20cm
と、一番低い状態でも12cmの高さがありました

この高さが問題で、ハンドルをフルロックにするとホーンボタンを押しちゃうんです。
で、マップルRが入り、なるべく高さが無いタンクバックを探していて、アキナカさんに理想的なバックを教えてもらったので、それを春までにGetしようと考えていました。

が、しかし1月3日に予期せぬ出来事があり余計な出費が想定され、どこを節約し、どうやりくりするか真剣に考えた結果、
今あるタンクバックを作り直せばいいんじゃね!?っと言う結論に。

で、今あるタンクバックをじっくり考察するに、なんか出来そうな気がする。
ダメ元・ダメ元。(正確には元ではマイナスになるが。)


この状態のバックを

少しずつ少しずつ縫い糸をほついで。

DSC00004_convert_20140105155740.jpg
3つの部品に分解

真ん中の部分を除いて一番下と、一番上を縫い合わせて。。と
DSC00009_convert_20140105155824.jpg

こうなりました。

高さ12cm ⇒ 5cm へ

構想10分 製作3時間 製作費0円
何となく良い感じの出来栄えです!(^^)! 
(あくまで自己満足の世界ですが)

これで、タンクバック代約6000円節約できました。

6000円じゃぁ、まだまだ足りなかったんですが、敬愛するブロともさんより嬉しいお話がありラッキー!!

小遣い亭主は厳しい~す。
スポンサーサイト

2014年初乗り そしてまさかの。。。。

あけましておめでとうございます

2014年1月3日 晴天&ほどんど無風 気温7℃
これは、初乗りには絶好のお天気です

いそいそと準備をして午前11時出発。
行先は、やっぱり南でしょ! ってことで栃木県の道の駅”伊王野”

ルート 
K355⇒K283⇒K44⇒K11(白河)⇒K232⇒K76⇒K60⇒K28(伊王野) 
帰りはR294で白河まで出て、後は行きと同じコース



栃木県に入り県道60の細い山道では凍結してるんじゃないかとビビりながらでしたが、まったく寒さは感じませんでした。
(途中のセブンイレブンで4~5台のおやじライダーグループがいましたが、その他は1台もバイクを見かけず。)

午後3時ころ御帰還 初乗り 146キロ でした



で、自宅について、車庫にバイクをしまうときに、事件が!

いつもの通り、バイクドーリーにバイクを乗せるため、慎重に、慎重にクラッチ操作をして前輪がドーリーにのっかり、後輪が乗った瞬間、バランスを崩しマフラー側にぶっ倒しちゃいました。(-_-メ)。

Pingのスクリーン破損そして右側ミラーが付け根から折れちゃいました。
その他は、プロスマンのガードのおかげでマフラーもエンジンにもダメージ無し。プロスマン様々です。

DSC00005_convert_20140104123513.jpg
DSC00007_convert_20140104123451.jpg

実はドーリーに乗せるときに、ぶった押したのはこれで2度目。
1度目はバイクにまたがって乗せようとして、バランスを崩しガッシャ~ン!
168cmの自分は普通でさえ足チョン状態なのに、ドーリーに乗っちゃうと、+5センチ高くなっちゃって、ほとんどつま先しか足が付かない状態になっちゃいます。でバイクが少しでも傾くと抑えられず、ガッシャーン。
この経験で、学習したわたくしは、またがらないで乗せていたのですが、やっぱり反対側に傾くとダメ。。。。
バイクドーリーに乗ってしまえば楽ちんなんだけどなぁ(-_-メ)。

このままでは乗れないおので、ノーマル戻し
DSC00009_convert_20140104123537.jpg
 
春までお小遣いをためて、元に戻せるよう頑張ります。
(税金も上がるんですよね???  大丈夫か!)
プロフィール

わんず

Author:わんず
2011年末にゼファーχでリターンし、第一章を開始。2012年10月よりCB1300SBで第二章、2016年8月よりR1150RTで第三章、2017年4月よりXL883Nで第四章が始まりました。
ど素人で、いろんな方のブログを参考に、少しずつメンテしたり、改良したりの生活です。

ツーは、まったりが基本! 早さは求めず安全運転です

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: