スマホホルダーステー

今年の9月の連休(9月17日18日19日)
自由時間のある18日19日は雨・あめ・アメ。。。去年もそうだったような気がする。。

バイクにも乗れないし暇(-_-メ)

なので物置を整理していたら30センチくらいのL型の鉄の金具が出てきた。
これ  何かに利用できない?????

しばらく考えて、ひらめいた(^^♪
スマホ・ホルダステー 出来るかも”!

ってことで早速工作開始。

こんな感じに切って、まげて、削って

IMG_0442_convert_20160922152327.jpg

アマゾンでラムマウントのM8ボルトベース、ショートアーム、カメラマウントを購入(計3757円也)
届いたカメラマウントをL型金具の中央に付ける & 使わなくなったテンプレートを切って削ってよけいな穴に埋め込んで
IMG_0443_convert_20160922152355.jpg
IMG_0444_convert_20160922152424.jpg

CB1300SBのころから使っているデイトナのスマホ・ホルダーに無理やり大穴をあけてM8ボルトベース合体
IMG_0445_convert_20160922152449.jpg
IMG_0447_convert_20160922152524.jpg

仕上げは、CB1300SBのニーグリップパットを作ったときに使って、余っていた合皮を張り付けて一応完成。

R1150RTへの取り付けは、メータ上部のねじを利用して取り付けますが、純正のままででは長さが足りないので、5mmほど長いねじをホームセンターで調達(105円也)
(純正M5の15mm → M5の20mmへ交換)

でR1150RTにつけるとこんな感じ (^_-)-☆
本日9月22日(祝日) 今日も雨。。。 朝から切って・削って・穴あけて
なんとか完成です!
IMG_0448_convert_20160922152641.jpg
IMG_0449_convert_20160922152714.jpg

製作費3862円 まぁ 自分的には合格!ってことで

お・し・ま・い
スポンサーサイト

温度計ハメ込み取り付け

4月18日 土 先勝
バイクに乗っているとき、自分は結構気温を気にしてしまいます。
(ってか、車に乗ってるときも、なぜか外気温はチョコチョコ見ています)

CB1300SBは、中央ディスプレイに気温が表示出来ますが、オドメーター、トリップメーターA、B、外気温度、水温をボタンを押して表示を切り替えて表示するため、気温を表示していると走行距離が判らない。。等々。

通常外気温表示にしていましたが、そうすると走行距離が判らない。
で、いちいちボタンを押して確認!
これ、結構めんどくさい。。。。

前に100均で買った温度計も付けてみましたが、29度のとき50度の表示!!
この温度計が、はずれだったのかもしれないけど、A型の自分としては許せない。
DSC00281_convert_20140508081652_2014050808552845f.jpg


バイク用の物はちょっとお高いので、安くってデジタルなのは無いかと探していて、たどり着いたのがこれ
ワンコイン温度計 秋○電子の特注品で、1.5秒毎に温度更新されるすぐれ物です。


付ける場所はタコメーターのななめ下。
黒いカバーに大穴をあけ、はめ込めば完璧。の予定!!
もし失敗しても、この黒カバーだったら新品でも800円位で取り返しも付くし! 
DSCN1783_convert_20150420081104.jpg

温度計を手に入れて2日後 待ちに待った休日
作業工程のイメージトレーニングは完璧!
まず、大胆かつ繊細に穴をあける作業開始。
DSCN1787_convert_20150420081140.jpg
DSCN1788_convert_20150420081207.jpg

少しずつ、やすりで削り、
温度計をはめ込んで! 
DSCN1789_convert_20150420081223.jpg

あっという間に出来上がり。
想像していた通りの出来上がりです。
DSCN1790_convert_20150420081349.jpg
DSCN1791_convert_20150420081410.jpg


その後は、先週ドロドロになったので、我が家の高圧洗車器で洗車!
DSCN1793_convert_20150420081429.jpg

暗くてよく分かりませんが、ピッカピッカに出来上がり。
DSCN1797_convert_20150420081447.jpg

綺麗になったし、さっそく試運転と行きたい所ですが、午後はわんこ達の予防注射&トリミングの為、試運転は明日へ持越し!!

今度の温度計が正確に表示してくれるか楽しみです!

お・し・ま・い

ケツ痛対策 DIY

今年のお盆休みは、なんとか仕事の予定をこじ開けて9連休にしたのに、ほとんどバイクに乗れずにいた、わん’sです。
予定のある日はお天気なのに、フリーの日は雨々々

で、暇にまかせて、前々からの悩みの種 ケツ痛対策をググっていたら、『バイク ザ・シート インサイト』なるものを発見!
どうも、ボディドクターというベットマットの素材をシートに埋め込んだものらしい。

で、さらに調べていくと ボディドクターの座布団?が販売されている


setsumei_1.jpg

結局、この座布団を埋め込めば同じってことらしい。

最初に見つけた、『バイク ザ・シート インサイト』のサイトでは、加工代が2万円以上(@_@)とのこと。
でも、この座布団で、DIYすれば高くても数千円ですむんじゃね!!
(失敗すればしゃれにならないけど。)

んじゃ やるしかねぇべ。

ってことで、まず、
ステープルの針をマイナスドライバーで一本一本はずしていきます。
DSC00067[1]_convert_20140830151216

前の座るところだけ加工できればよいので、半分だけ、べろんと皮をめくると こんな感じ。
DSC00071[1]_convert_20140830151310

ボディドクター ザ・シート (幅40×奥行40×高さ2.5cm)
DSC00072[1]_convert_20140830151342

ざっくりと、型を取って、ザ・シートをその型で切り取ります。 シートの×印は座った時の尾てい骨の場所
DSC00073[1]_convert_20140830151424

カッターで溝作り
これで後には戻れません。。 腹をくくって作業します
DSC00076[1]_convert_20140830151538

アラカンっていう工具で、がんがん削って行きます
このアラカンがいい仕事してくれました。 あんこ抜きするときの定番工具らしいんですが、素晴らしい!!
これが無かったら途中で挫折してたかも。
DSC00077[1]_convert_20140830151608

何度も、ザ・シートと合わせながら掘り進み、やっと完了!
DSC00089[1]_convert_20140830151756

速乾G17で接着
DSC00093[1]_convert_20140830151946
DSC00092[2]_convert_20140830151913

後はステープルで元に戻せば完了です。
使用した針は6㎜です。 
針が刺さらなかったらとうしようって心配してましたが、まったく問題なし。打ち損じもなくあっけなく終了。
ハンマーの出番はありませんでした。
DSC00081[1]_convert_20140830152031

完成! なんとなく凸凹が薄く見える感じもしますが、 見た目は合格点の出来です。
DSC00083[1]_convert_20140830152100

約200キロ いつものお散歩コースを試運転!(^v^)
道の凸凹がゴツン、ゴツンが、ボワン、ボワンになった感じ
ほぼ休みなく走ってましたが、効果絶大! 前ならケツが痛くて、ひぃひぃ言ってたと思いますが、ほとんど痛みなし。
まぁ限界は有るんでしょうが、120%満足です。

ただ、これとは関係ありませんが、この試運転で、交差点で一時停止したあと、ギア抜けをして立ちコケ。(;一_一)
バイク起こすのにすこし腰を痛めました。。。
バイクはプロスマンのお陰で無傷。 またプロスマンのお世話になりました。。Orz


今回使用した材料・工具です。
DSC00088[1]_convert_20140830152137


結局ザ・シートはポイントでの購入なので0円、ステープルの針198円、アラカン890円 後は家にあったものを使用したので合計1088円で出来ちゃった。(^O^)/

まぁ、ショップで2万円以上もする工賃には、素人DIYにはまねの出来ないものがあるのでしょうが、効果に20倍も差があるとは思えないので、いい仕事をした気分です。

お・し・ま・い

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

ヘットセット

省電力無線機用のヘットセットを購入しました

無線機用のヘットセットについて調べていくとKTELというメーカーのものが良いらしく、いろんな方が進めていました。
しかし、お値段が。。。

で、中古でもいいので安いものはないかと調べていたら、見つけました。
お安いヘットセット!!
送料込みで5000円 しかも新品です。

売っていたところのHPにあった商品説明には、

※お約束ですが無線機本体同様【所詮は中国製】です。
KTELさんと性能比較するようなことはしないでください。

とのこと!

りょうか~い(^^)/ ってことで増税前さっそくポチりました。



IMG_3704_convert_20140312074752.jpg

届いた商品を確認すると、スピーカー でか!
直径60ミリって。。。
でもよく見てみるとスピーカー・カバーがでかいだけでした。

さっそくヘルメットに取り付けるわけですが、ここで問題が。
現在ヘルメットには、ナビの音声案内を聞くためにBTマルチインターフォンってのが付いていて、両耳の所にすでにスピーカーがセットしてある。 ここにもう一つたさなきゃならないわけだがスペース的に????
東京のA先輩は2つのスピーカーを上手に埋め込んでいるようですが、自分のは無理っぽい。。



で、結局 半田ゴテを取り出し

DSC_0134_convert_20140312074645.jpg

DSC_0137_convert_20140312074712.jpg
一つにしちゃいました。

これで無事スピーカーもすっきりおさまり、ヘルメットへのセッティング完了です(^^♪

DSC_0142_convert_20140312074731.jpg

無線機が一つしかないので、肝心の無線機が動くかも含め、動作確認ができない(-_-;)
きっとうまく動くことを信じて、活躍してくれる機会を待ちます。

にしても、BTマルチインターフォンも、ヘットセットも安物orz
だれか、一流品をそろえられる財力をください!

お・し・ま・い

タンクバック リサイクル

今まで使っていたタンクバックはA4サイズで5~11リッター可変式 高さが12cm~20cm
と、一番低い状態でも12cmの高さがありました

この高さが問題で、ハンドルをフルロックにするとホーンボタンを押しちゃうんです。
で、マップルRが入り、なるべく高さが無いタンクバックを探していて、アキナカさんに理想的なバックを教えてもらったので、それを春までにGetしようと考えていました。

が、しかし1月3日に予期せぬ出来事があり余計な出費が想定され、どこを節約し、どうやりくりするか真剣に考えた結果、
今あるタンクバックを作り直せばいいんじゃね!?っと言う結論に。

で、今あるタンクバックをじっくり考察するに、なんか出来そうな気がする。
ダメ元・ダメ元。(正確には元ではマイナスになるが。)


この状態のバックを

少しずつ少しずつ縫い糸をほついで。

DSC00004_convert_20140105155740.jpg
3つの部品に分解

真ん中の部分を除いて一番下と、一番上を縫い合わせて。。と
DSC00009_convert_20140105155824.jpg

こうなりました。

高さ12cm ⇒ 5cm へ

構想10分 製作3時間 製作費0円
何となく良い感じの出来栄えです!(^^)! 
(あくまで自己満足の世界ですが)

これで、タンクバック代約6000円節約できました。

6000円じゃぁ、まだまだ足りなかったんですが、敬愛するブロともさんより嬉しいお話がありラッキー!!

小遣い亭主は厳しい~す。
プロフィール

わんず

Author:わんず
2011年末にゼファーχでリターンし、第一章を開始。2012年10月よりCB1300SBで第二章、2016年8月よりR1150RTで第三章、2017年4月よりXL883Nで第四章が始まりました。
ど素人で、いろんな方のブログを参考に、少しずつメンテしたり、改良したりの生活です。

ツーは、まったりが基本! 早さは求めず安全運転です

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: