XL883Nアイアン エアフィルター交換


10月7日(土) S&Sのエアクリーナを付けました。
今回取り付けたものは
S&S ティアドロップエアークリーナーカバーキット 170-0182A 1991-2017 スポーツスター XL グロスブラック 光沢黒 pdbshs 170-0182A sspdsh

まず、純正のエアクリーナの取り外し。
外側の丸いカバーを外し、エアフルターの赤丸のトルクスボルト3か所を外します


エンジン側の外カバーを外します(赤丸2か所のボルト)
IMG_1001_convert_20171010081200.jpg

ヤジロベーみたいな金具を外します(赤丸1か所の六角ボルト)
IMG_1003_convert_20171010081244.jpg

ここまで外してあげます。
IMG_1004_convert_20171010081454.jpg


NEWエアフィルターの取り付け
s&sに付いてきたガスケットの向き等を確認し、丸い金具?とガスケットを取り付けます(六角ボルト3本)
IMG_1005_convert_20171010081538.jpg

両側にゴムホースとわっかの金具、タイラップ、バンドを取り付けます。
IMG_1006_convert_20171010081617.jpg
IMG_1007_convert_20171010081646.jpg
IMG_1008_convert_20171010081718.jpg

一番薄いワッシャで前後に挟むようにして、ゴムホースとエンジンを合体(×2か所)
IMG_1009_convert_20171010081759.jpg
IMG_1010_convert_20171010081830.jpg
IMG_1012_convert_20171010081910.jpg

耳飾りみたいな金具を取り付け(裏に合いそうなワッシャをかませてみた)
IMG_1017_convert_20171010081938.jpg

エアフィルターの土台?の取り付け
エンジン側と土台の間にガスケットをかませて取り付け中央の六角ボルト3本と
下側の左側六角ボルトと右側ボルト(共に裏にナットあり)とで取り付け
IMG_1018_convert_20171010082006.jpg
IMG_1019_convert_20171010082035.jpg

ちょっと変形させて、エアフィルターを取り付け
IMG_1020_convert_20171010082106.jpg

最後に外側カバーをつけて完了!
IMG_1021_convert_20171010082135.jpg

なぜか余ってしまったワッシャ達
IMG_1022_convert_20171010082159.jpg

付属していた説明書は、写真はあったけど全て英語でチンプンカンプン
でも、なんとなくの感覚で簡単に交換作業30分くらいで出来ました。

取り付け後すぐの試走では、トルクをかけたときに、ときよりアフターファイアが出ましたが、
1回目町内をグル来るまわりGOーSTOPを繰り返し30分、
2回目高速道路を一区間だけ走り30分、
3回目ゴールドラインで坂道・山道を30分
って感じでデータ収集をしてFP3でオートチューンをしたらアフターファイアは出なくなりました。

走りが軽くなったような気がします。
(気のせいか、ブラシーボ効果かは不明。。。)

これで、とりあえず吸排気系のカスタマイズは完成です。

お・し・ま・い
スポンサーサイト

XL883Nアイアン キックスタンド交換

リアショックを4センチ長いものに交換した事によって、車高が高くなったのですが、それにより、キックスタンドで立てたときに車体の傾きが大きくなってしまいました。

あまり気にしない方も多いようですが、左下がりの場所に止めたときや、キャンプ用品を積んでかなり重くなっているときに、またがって”よっこらしょ”って車体をまっすぐにするときに、力が結構必要で腰に負担がかかり、ギックリ腰の癖のあるガラスのような腰を持つ自分としては少しでも負担をなくしておきた!
ってことで、キックスタンドを長いタイプのものに交換しました。

交換作業的には超簡単です。
スタンドの付け根にある割ピンを外して、棒を下に引き抜くだけで外せるし、取り付けもその逆をするだけなので簡単です。
バネがあるので力がいるのかと思ったら、力もいりませんでした。


IMG_0945_convert_20170911075126.jpg

今回用意したスタンドはDRAG Specialtiesのブラックリプレイスメント キックスタンド OEM:50185-04です。
左が純正、右が 今回取り付けるスタンドです
IMG_0956_convert_20170911075203.jpg

取り付け前の傾き
IMG_0941_convert_20170911074909.jpg

取り付け後の傾き
IMG_0959_convert_20170911075231.jpg

写真ではほとんど変わらないように見えますが、実際はかなり違います。
(写真の撮り方がへたくそなだけです。。。。)

カスタムってほどじゃないけど、とりあえずカスタムってことで。(^^♪

お・し・ま・い

XL883Nアイアン オーリンズサスへ交換

7月にテールランプをフェンダーの内側に付くタイプに変更しましたが、ちょっとした凸凹でタイヤが今回取り付けたテールランプとナンバーフレームにあたる事象が発生!
IMG_0926_convert_20170821081631.jpg

フェンダーの内側に付けているので、純正より約4センチくらい厚みが出たことによって干渉するようになったので、これはショックを長くして車高を上げるしかない。。。と思う。
ってことで、以前から気になっていたオーリンズのショックへ交換しました。

オーリンズ HD916E ショック長336mm(883Rスタンダード長)
アイアン純正より約4センチ長いタイプ
IMG_0929_convert_20170821081701.jpg

車高が高くなって、横から見るとこんな感じ
ビジュアルは自分的には全然OK!
IMG_0930_convert_20170821080625.jpg

乗った感想は、路面の凸凹がマイルドになって、板バネのトラックから、普通車になった感じ!?

素人では、ちがいなんてわからないのでは?と思っていたけど、鈍感な自分でもすぐわかる!
やっぱ評判どおりオーリンズは素晴らしい!!

当然タイヤとフェンダーの干渉もなくなりました。

お・し・ま・い

アイアン テールランプLED化

7月22日(土)
まだ梅雨があけず、休日になると雨が降る感じが続いております。
今日も午後は雨の予報!

ってことで、またまたアイアンのカスタムです。

アイアンはテールランプ&ブレーキランプが左右のウィンカーランプに組み込まれていて、それ単体ではついておりません。
それはそれで良いのですが、自分的には、あるべきものが無いような、間が抜けた感じに思えて、テールランプをつけたいな~と思っておりました。
ノーマルの状態がこんな感じ
IMG_0870_convert_20170725120524.jpg


テールランプがフェンダーの中に組み込まれていてすっきりした感じになる部品があることが分かったので、さっそく部品を取り寄せました。

キジマのテールランプキット LEDスリム/レッド(HD-01419)、 
キジマのライセンスブラケットキット(HD-01392)


取り付けには、まずリアフェンダーをとり外します。

ボルト7本(白丸の所)で固定されているのでこれを外します。
ここで、めんどうなのがウィンカーを止めているボルトは内側にあるので、タイヤとフェンダーの間に手を入れたいところですが、隙間が狭く手も工具も入らない。なので、ジャッキUPしてリアサスを外しタイヤを落とす必要があります。

IMG_0868_convert_20170724161033.jpg

IMG_0881_convert_20170724161332.jpg


無事フェンダーが外れたら、次は配線です。
もともとナンバー灯のコネクターまで、ブレーキランプ用の電気配線が来ているようなので、シート下のにあるナンバー灯のコネクターに付属の3マタコネクターをかませ、新しいLEDランプとナンバー灯の配線を接続します。
(テープでつながってるのはETC用の電源取り)

IMG_0877_convert_20170727082031.jpg

LEDランプを両面テープで貼り付けます。

IMG_0879_convert_20170724161219.jpg


あとはファンダーを元に戻せば完成です。
完成後のお姿。
(周りが散らかってますが、写真を撮る前に整理する余裕はありませんでした。。。)
IMG_0889_convert_20170725115720.jpg


こう書けばあっと言う間にできるような感じになっちゃいますが、実は朝の9時から始めて夕方4時くらいまでかかっています。
時間がかかった要因は、
①タイヤとリアフェンダーの隙間が狭いのでタイヤを落としてますが、この方法に至るまでに試行錯誤を繰り返した。
②ウィンカーのボルトが外れず、一度ハーレー屋さんに相談に行ってます。(構造が分かっていればなんってことはなかった。。)
③配線のつなぎ方が、説明書を見ても理解不能で正解にたどり着くのに時間がかかった。

等々です。
いずれも経験と知識不足のため時間がかかっただけですが疲れました。。。

でも出来は、完璧、満足です。(あくまで自己満足ですが)

お・し・ま・い

アイアン マフラー交換とFP3セットアップ

今回は、アイアンの初カスタムです

マフラー交換とチューニングデバイスの取り付け

マフラーはショップオリジナルの”シーガル”+消音バッフル
チューニングデバイスは、バンス&ハインスのFP3(スマートフォンで簡単操作できるチューニングディバイス)


まずはマフラー交換
スリップオンなので簡単!
純正マフラはマフラー下のボルト(1/2インチです)を外し、エキパイとのつなぎ目を締め付けてるやつ(名前がわかりません。。)を緩めるだけで、すぽんと外れます。
取り付けはガスケットをかまして、新しいマフラーをぬるぬるっとはめ込んで、あとは外した時の逆をやるだけ。
ハーレーは初めてだったけど20~30分で完了。
IMG_0789_convert_20170625085631.jpg

IMG_0794_convert_20170625085713.jpg


IMG_0795_convert_20170625085739.jpg

取り付けを完了したお姿
消音バッフルを入れてるけど、結構音でか
もう少し静かなほうがいいんだけど。。。。。。
IMG_0815[1]_convert_20170625131827

次にFP3
左側のサイドカバーを外し、バッテリー下の黒い防水キャップの付いた6PINカプラーに接続します。
IMG_0796_convert_20170626193227.jpg

IMG_0797_convert_20170625085835.jpg

FP3のセットアップ
①マップの検索:・バンスアンドハインズ社のサーバから自分の車両に合ったデータをダウンロードして、ECMを書き換えます。
②オートチューン:書き替えたデータを元に実走行しながら測定~補正をします。
  街中や坂道、高速道路などを30分程度を測定しながら走って補正ってのを3セット繰り返します。

IMG_0818_convert_20170626192914.png


IMG_0821_convert_20170626192944.png

FP3は色んなことが出来るらしいけど、素人がいじるととんでもないことになりそうなので、アイドリングをちょこっと低くして三拍子ぽくしようとしたところ???
黄色いところに”アイドリング 回転数”っていうメニューが表示されるはずなのにない!

何かやり方を間違えた??
マニュアルもないので、メーカーに問い合わせをしたら以下の回答が。

『FP3 2017年モデルのスポーツスターに関してですが、純正ECUのMAP等が2016年までと異なる事から
現状、本国にて中身を解析しています。本国からは、解析出来次第アイドリング調整を可能にすると報告を受けております。
そのため、お客様にはご迷惑をお掛け致しますが今しばらくアイドリング調整はお待ちいただけますでしょうか。』

問い合わせメールを出して1時間後くらいに返事が来たので、対応は早い。
自分的には2~3日くらいほっとかれるかな~ と思っていたので、このメーカは信頼できる!気に入った(単純です。。)
なのでおとなしく待ちます"(-""-)"

IMG_0817_convert_20170626194256.png

で、今のダメダメバージョンがこれ。
IMG_0823_convert_20170626193009.png

なんかすっきりしないけど、カスタム第一弾はこんな感じで終了です。
今後、もっと静かになるバッフルが出たらそのバッフルに交換したいのと、FP3がアップデートしたらアイドリングを850回転くらいにするってとこかな!

お・し・ま・い
プロフィール

わんず

Author:わんず
2011年末にゼファーχでリターンし、第一章を開始。2012年10月よりCB1300SBで第二章、2016年8月よりR1150RTで第三章、2017年4月よりXL883Nで第四章が始まりました。
ど素人で、いろんな方のブログを参考に、少しずつメンテしたり、改良したりの生活です。

ツーは、まったりが基本! 早さは求めず安全運転です

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: